2015年04月17日

アメリカン ダンスアイドル S8メンバーの現在【2015/4現在】

自分用のメモもかねて、現時点でわかってるシーズン8のメンバーのその後と現在を。
(ソースはwiki、メンバーのtwitterなどなど)
Melanie(メラニー)、Sasha(サーシャ)の現在を追加しました!(2015/4/17追加)
追加したものには、この色の文字色になっています


続きを読む
posted by やよい at 00:00| Comment(0) | DANCE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

B'z「EPIC DAY」

epicday.jpg
ついつい「EPIC NIGHT」※ツアータイトル とタイトルを書きたくなってしまう(笑)、B'zの最新アルバム「EPIC DAY」。
実際に稲葉さんもアルバムを「EPIC NIGHT」と言ってたらしいくらい(笑)、紛らわしい感じです。

今回4年振りのアルバム。ソロを挟んでたので久しぶりです。
久々に素直に好きと言えるシングル曲「有頂天」を経てのアルバムでしたが、正直そこまで期待をしておらず(苦笑)、そしていつものように初見はピンとこずな感じでしたが、やはりライブで聴いたり、繰り返し聴くと良くなるんですよね…。
やはり自分の音楽DNAはB'zの音楽で出来てるんだなと実感することばかり(笑)。

初見でピンとこなかった、と書きましたが、唯一ピンときた、ものすごく大好き、と胸を張って言える曲が8曲目の「Black Coffee」。
イントロから大好き…というか、正直に言うと去年からすごく好きなあの曲っぽい!
あの曲とは、アメリカのバンドParamoreの「Ain't It Fun」

いや、パクリとかではなく、これを聴いて「こういう感じ、B'zでやってくれないかなー」と思ってたら「Black Coffee」がまさにそんな感じでものすごく嬉しかったのです!!
いやー並べて聴くと本当に似てる(笑)。どちらもすごく良い曲です。
(ちなみにこの曲が入ってるアルバム「Paramore」、すごく良いアルバムです!)

曲の話に戻ります。
この「Black Coffee」アウトロがすごくすごく好きです!!これを生で聴くためにライブに行きたい!!!と強く思いました。本当にかっこいい。
そして、歌詞もすごく好き。自分に思う節があったこともあってすごく刺った歌詞でした。
あーわかる。私もそうしなきゃな、っていう感じ。久々にB'zの歌詞で自分の事を歌ってるって思った曲です。

そしてライブに行くまで他の曲にあまりピンと来てなかったのですが、ライブに行って印象がガラリと変わってしまいました(単純)。
やっぱり生でダイレクトに体験すると、曲が身体に入っていく感じ。
特にタイトル曲「EPIC DAY」と「アマリニモ」が印象が変わった曲でした。

「EPIC DAY」は、某深い紫とかに似てるところがあって、そっちが優先というか、印象に残る曲だったのですが、生で体験して、それがいいエッセンスというか、興奮するポイントになってる、というのを理解して、すごく好きな曲へ変貌!(Black〜も、それで好き、というかになったのでアレですが)
ギターソロ前の転調する、というアレンジが本当に素晴らしい!!かっこいい!そしてギターソロ、ハモンドオルガンソロが、ものすごくたまらない…。歌に入る直前とアウトロのツインペダルがんがんのドラムも素晴らしい!メタル万歳!!

「アマリニモ」は、好きな感じではあったのに、ピンとこなかったのに、ライブで生で聴いてやっぱり好きな曲調とアレンジだな、というのを実感。
サビの「I gotta go〜」の所の明るくも切ない感じが猛烈に好きです!やっぱり切ない系に本当に弱いです。


10曲しか入っていない、アナログを意識してSide A、Side Bという風に曲順を選んでいる、というのもあって、コンパクトにしっかり流れにのってするする聴けるし、全く飽きない!
松本さんの狙い通りです。さすが…。

そんなこんなで、ライブ後すごく聴いています。
なんとなく会社に行く時はtofubeatsさんの「STAKEHOLDER」、帰りは「EPIC DAY」を聴いてる感じです。
ちなみにこの二つ、収録時間がほぼ一緒。なおかつ私の通勤時間door to doorの時間ほぼぴったり、というのもあるのですが、それもあってすごく聴きやすいです。

アルバムの感じからいくと、朝「Las Vegas」や「EPIC DAY」を聴いてテンション上げるべきなのかもですが、なんとなく帰りの方がしっくり来るのが不思議です。
と、言うか、この方のおっしゃるとおり、これが宗教なんですねw
もう宗教だから、としか言いようがないですw

posted by やよい at 00:12| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

tofubeatsインタビュー記事まとめ

個人的なメモも含めたまとめ。

STAKEHOLDER関連

tofubeatsと距離の方程式 [ CARELESS CRITIC ]
http://carelesscritic.com/sp/tofubeats/
*レイアウトもインタビューもすごく素敵。
特に最初のムービーがインタビューへの期待感が高まる!!

NeOL tofubeats『STAKEHOLDER』インタビュー
http://www.neol.jp/culture/tofubeats『stakeholder』インタビュー

【インタビュー】tofubeats 「あの曲の、“あの”って部分をがんばって作ってます」新作「STAKEHOLDER」を大いに語る! [T-SITE]
http://top.tsite.jp/news/i/22880979/?sc_cid=tcore_a99_n_adot_sm_tw_22880979
*たぶんこれ、ワーナー本社でのインタビュー?
背景の写真がサウンド・デザイナー11月号と同じ。

[Interview]tofubeats – “STAKEHOLDER” ≫ UNCANNY
http://uncannyzine.com/posts/21596
※厳密にはSTAKEHOLDERのではないけどこれも。
[Interview]LIZ × tofubeats × Pa’s Lam System – “CAND\\\LAND” ≫ UNCANNY
http://uncannyzine.com/posts/21734
*クラブ寄りなメディアのインタビュー。毎回深い。

tofubeatsが考えるアウトプットのバランス感覚 「常に『この人は変化したいんだ』って思われたいhttp://realsound.jp/2015/03/post-2849.html
*撮りおろしの写真が素敵。ここまで笑顔の写真を出してるのはめずらしいような?


あと個人的にものすごく好きなtofuさんのインタビューはこれ。

メジャーでやる意味って何だ? Sugar's Campaign×tofubeats
http://www.cinra.net/interview/201501-sugarstofu

盟友でもあるSuggar's Campaignとのインタビュー。
ライターさんは、一方的に観たことある&なぜか(笑)私と行くライブがよくかぶる金子さん。

このインタビューの直後、tofuさんが

と、言ってましたが、tofuさんは経済を大学で勉強していたということもあってその視点があるかないかの違いじゃないかなと思ったり。
私は完全tofuさん側というか、これを読んでシュガーズの2人は純粋だなと思いました。
それがあの音楽なんだなーと。

同じく金子さんのtofuさんインタビューはこちらも好き。
tofubeats × error403 対談 ネット世代のクリエイターが向かう先 - CINRA.STORE -
http://bit.ly/11LC9TW
error403さんとのインタビュー。error403さんとtofuさんの家族エピソードが好きです。
posted by やよい at 20:00| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

tofubeats「STAKEHOLDER」

最近、このブログのアクセス解析を久々にみたら「tofubeats 滑舌悪い」というキーワードでたどり着いた方がいらっしゃるようです(苦笑)。
すごい、キテますね。tofubeats!

4/1に、tofubeatsさんの新しいEP、STAKEHOLDEREがリリースされました。
このエントリに書いたとおり、事前にこの「衛星都市」など、数曲公開されていましたが、さらにパワーアップした状態で収録されており、毎日聴いても飽きません!
そして、9曲入って1,620円!安い!
また発売日に、またもやsoundcroudでフル試聴がスタート。

本当に太っ腹すぎる。

私のお気に入りはやはり「衛星都市」。あと1月にtofuさんのustreamでうすーく流していた「She Talks At Night」。
こういうちょっと切ない系メロディに本当に弱いです…。
「衛星都市」は、コーラスのボリュームが大きくなって、より儚さというかが強調された感じにミックスされてて、すごく良い!アウトロもデモ時と変わっていましたね。
「She Talks〜」は、曲とテンポと音色というか、作ってる音がひとつひとつ好み、というか全部気持ちの良いところにハマってるのが、好きなポイント。
「何かあったことにしとかない」の部分のユニゾン?で入る低音が特に好きです!ほんとにここは気持ちいい!ぜひイヤホンで聴いて欲しいです!

そして、ジャケ写がアメリカのドラマオマージュ。(『愉快なシーバー家』と『フルハウス』オマージュ)
tofuさんのお友達たちに初回限定盤の裏ジャケが「猟奇殺人的な危険な香りがする…」と言われていますが、本当にそんな感じなので(苦笑)、ぜひ実物を見てほしいです。本当にクリミナル・マインドとかに出てきそうな感じがします…。
そして今回ゲストでお友達のDJ okadadaさんが参加されているのですが、okadadaさんの写真が外のシュリンクに貼られるステッカーに小さくあるのみ。しかもその写真がinstagramにokadadaさんが投稿した自撮り写真(苦笑)。ポスターにもその自撮り写真が小さく使われているという…。
このジャケを作った方が、tofuさんのお友達だからこそできる、無意識であろうちょっとした悪意とたくさんの愛情に溢れたアートワークです(笑)。これは普通の制作会社ではできない(笑)。
(これを許すワーナーさんの懐も深いというか…)

そういえば、Twitterでもちょいちょい書いてますが、tofuさんの曲と90年代B'z曲の相性がものすごくいい!
STAKEHOLDERも、BREAK THOUGHやRISKYの曲と混ぜたプレイリストで再生してるのですが違和感が不思議とあまりないのです。
90年代にお金をかけて作った音楽と、2010年代ベットルーム音楽が遜色ないのがすごいなーと。
でも目指してる方向的に88年から90年代はじめにB'z…というか松本さんがあえてやってた方向が、いまのtofuさんの音楽と考え方に通じる部分もあるのかなと思ったり。
実際tofuさんと小室哲哉さんの対談が企画されている時点で通じる何かがあるのかもです。

邦楽 小室哲哉×tofubeats 対談実現! J-POPとダンス・ミュージックの幸福な関係 | 特集 | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト
http://ro69.jp/feat/komurotetsuya_tofubeats_201502/page:1


しかしこの記事の写真を見ると、てっちゃんと、tofuさんが30歳位年齢が違うのに、そう見えない2人がすごい。
posted by やよい at 01:00| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする