2017年02月20日

INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” 感想



本日、INABA/SALAS千秋楽ということで、無事に終わって本当によかった!

私は運良く2公演(東京初日、広島)に参加することができ、1公演は結構前だったにもかかわらず全く圧縮なく、体を動かしてライブを観ることができ、もう1公演は1メートル内の距離で稲葉さんを観てしまうという、大変幸運なライブでした。

ひとまず、SALASやサポメンなどの印象を含めた感想などを箇条書きでつらつらと。

  • 東京公演では、なんとなくまだバンドが慣れてないのか、自分の中で稲葉さんがあのメンバーの中にいることが信じられず、正直なんというか夢見心地というか、リアルな感じが全く無かった

  • 演奏がとにかく「洗練されてる外国人バンド(フジロックアーティスト寄り)」な感じで、そこに稲葉さんの声が乗ることに対しての変な違和感が…

  • 前回もちょっとあったが、自分の中の「稲葉さんはこうあるべき像」が意外と強いことに驚き(本当に私、B'zの稲葉さん好きすぎ…。en2は、シェーンがドラム、小野塚さんがKey、en-ballおよびen3は大島さんがバンマスだったのでB'z成分が大分残ってたから感じなかったんだと思われる)

  • 東京公演と、広島公演ではバンドが違った!

  • 広島では、さらにバンドとしてまとまりが出て最初のSAYONARA RIVERの歌が入ったところで鳥肌

  • 広島では運良く1メートルないくらいの距離で稲葉さんを観ることができ、目まで合ってしまい、他にもいろいろ強烈なことがありすぎてSALASの印象が薄い…

  • そんな距離だったため、袖のスタッフもよく見え、歌を口ずさみながら楽器を手入れしてたり、PCを操作しているスタッフを見て胸が熱くなった

  • ハッカイさんは広島ではカープを意識してか真ん中に「C」マークのNEWERAのキャップだった(東京ではツアーグッズのキャップだったような…)

  • あと前すぎると、客席に向かってるスピーカーの内側、ほぼステージと同じ位置だったため、いわゆる「中音」しか聴こえない!(ミュージシャンが聴いて演奏している音、アンプから直接出てる音だったり、ミュージシャンの前にあるスピーカーから出ている音。客席へ向いてるスピーカーから出てるのはPAさんがバランス良く調整している音です)B'z関連でそんな位置で観れるとか…まじかよ…

  • そのため稲葉さんが歌うマイクの音があまり聴こえなかったけど、その中音のバランスが素晴らしくてものすごく感激。やっぱり一流の現場なんだな…

  • それはさておき、バンドがとにかく素晴らしく、もう大変耳が幸せだった!!

  • 「正面衝突」の間奏でスティービーの曲「Do Your Own Thang」をやるパートがあるのですが、大変素晴らしく、学生の頃聴いて衝撃を受けたことを思い出して泣きそうに…

  • スティービー・サラスは、前に出るところはしっかり出て、下がるところは下がっていて、自分の魅せ方をしっかりわかっているプレイヤー

  • 派手なソロじゃなくても、存在感がすごい。さすが長年ワールドワイドに活動してるだけある…!

  • Amp Fiddlerの演奏を聴いて、キーボードはリズム楽器だと実感。とにかくリズムがいい。彼のプレイを聴いてると、体が自然と動いてしまう!彼のコーラスもステキだった〜
    ずっと動画でお姿は拝見していましたが、実物は二の腕の筋肉がめちゃくちゃすごくてビックリ(笑)あと音色がオシャレ!!シャレオツ。アメリカ東海岸の音色

  • Matt Sherrodは、音がめちゃくちゃ重い!パワフル!!下に響く音。そしてGroovy。巻き込まれるというか、叩いた音が残る感じ。土着的な音。日本人で例えると真矢さんとかノリが似てるような?
    乾いてる感じもしつつ、すごくブラックミュージックな音色。今回の曲にとてもピッタリでとても気持ちよかった!

  • Stuart Zender、一聴すると、目立たない?って感じだけど、よく聴くとしっかりGroovy!なのに音がめちゃくちゃ洗練されていて上品さもあるのがすごい。裏方に徹しているようだけど、主張もある
    正面衝突のベースは、バリバリのロックな感じではなかったけど、華があって、すごくGroovyでかっこよかった!Mattのドラムとの相性も良かった!

  • WABISABIではベースが主役というか、主張される曲だったので彼のベースがしっかり聴けたんだけど、なんとなく彼のベースの感じ、Suchmosの某曲のベースにノリというかがに似てるかも…と思ったら、この曲はStuartのベースを意識したとハヤタくんがインタビューで言ってて驚き!合ってた!!

  • TMGの時の松本さんのように稲葉さんが、もっとサポメンやスティービーに翻弄されてるのかも…と思ったけど、意外とうまくやれているようで安心。(実際はわからないけど)

  • いい意味で稲葉さんの性格がいい加減…いうか気にしない質なのがよかったのかもね

  • あと稲葉さん以外、全員がフロントマンにもなれるし、大物のサポメンや、制作現場を多くこなしてたからか、バランス感覚が抜群だったのかも?逆を言えば、そうじゃないと音楽業界で長年活動できないよね!

  • あとスティービーが、自分がやりやすく、なおかつやりたい音楽をやれるメンバーを求めたのからなのかも。音楽の相性バツグンすぎてやばかった

  • 広島で稲葉さんがオープニングでサポメンと出てきた時と、中盤衣装を着替えて出てきても、全く稲葉さんだと気付かなかった…。中盤の時は、スタッフが出てきたかと思った……。さすがオーラを消すのがうまい…。
    東京の時はちゃんと気付いたのは、おそらく全体を見渡せる距離でみたか、そうじゃないかの違いな気がする。



ということで、とても満足なライブでした!!
ギタマガでサラスが、このバンドでフェスに出たいからブッキングしてると言ってましたが、果たして…!(笑)
US、ヨーロッパあたりは、このメンバーでライブ観たい人たくさんいそうですし、そうなったら楽しいな。
公式にアナウンスが出ましたが、3/25にWOWOWで放送されるようなので、ものすごく楽しみです!
本当に素晴らしいバンドだったので、もっと沢山の人たちに観てもらいたいです!!!

posted by やよい at 23:00| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]