2015年11月26日

テレビ朝日ドリームフェスティバル2015&ザ・ベスト・オブ 藤井隆 “AUDIO VISUAL”& tofubeats “POSITIVE” W release party!雑感

ということで、11/21に行われたドリームフェスティバル2015、11/22に行われた藤井隆&tofubeatsのリリパへ行ってきました!!
11/21は、マンウィズと、B'z、11/22はtofubeatsと藤井隆という、私の大好きな人たちの共演が2日間連続で観れるという、本当に夢のような夜を過ごす事ができました。
もう、このために仕事をがんばってきたと言っても過言ではない…。

まず、ドリフェス。
B'z ・ [Alexandros] ・ 9mm Parabellum Bullet ・ ゲスの極み乙女・MAN WITH A MISSION・KNOCK OUT MONKEYという、ロックなメンツ…とは言うものの、B'z以外はフェス常連アーティスト。B'zが異質な感じな組み合わせでしたが、ふたを開けば、お客さんは、自分含めほぼB'zのファン。
他のアーティストの時、地蔵状態、または席を離れて空席たくさんとかにならなければいいなあと思っていましたが、ちらほら空席はあったものの、来ているお客さん80〜90%はきちんとライブを楽しんでいたような印象。

B'z以外のアーティストは、フェスに出まくっているだけあって、本当にどのアーティストもお客さんを巻き込むのが上手くて楽しかったです!!
私はノクモン以外はフェスで観たことのあるアーティストばかりだったので、ノリがわかってて楽しく過ごせたし、スタンド席で座席があったので、前の人で見えないということがなく、ステージ全体もばっちり見れてとっても快適でした(笑)。

B'zの番…というか、松本さんのアンプがステージに運ばれてきた時点で、いままで割といつものフェスに来ている気分が一転、B'zのLIVE-GYMの感覚に…。アンプみただけで、こうも気分が変わるのかとびっくり。

B'zのセットリストが、12曲中11曲シングルという、ある意味攻めたセットリスト。
でも、ツアーでやってことないシングルもとりまぜ、ツアーに来た人でも新鮮に感じるように、ということでしょうか。

すべてのライブを観終わり思った事がひとつ。
私がB'zで当たり前だと思っている事は当たり前ではなく、めちゃくちゃハイクオリティのものをだいたい年に一度観れてることは幸せだなと。
私はB'z以外のアーティストのライブもガンガン行きますし、ライブハウス、フェス、ホール、アリーナと様々な会場で観てますが、本当にB'zは、どんな会場、どんな状況下に於いても、常にハイクオリティなものを提供し続けているんだなと感心してしまいました。
もちろん他のバンドとはキャリアが違うので、当然なのですが、これが当たり前すぎて忘れてたなと、思い出しました。
これからは1回1回大事に参加したいなと思い直しました。

ライブの話ではないのですが、インスタやTwitterで、9mmやマンウィズと一緒に撮った写真がアップされててびっくりでした…。
会報に載ればいいかなと思っていたものがまさかリアルタイムで見れるとは…!!!!!!
個人的には狼達とのショットがすごくうれしかった!!!


そしてこの次の日の藤井隆&tofubeatsのリリパ。
こちらも、ゲストがたくさんいて、本当にドリームフェスティバル!(笑)

私の大好きなtofuさんとokadadaさんとのユニットdancinthruthenightsもがっつり見れ、EGO-WRAPPIN' の中納さんの歌声が別格過ぎて、聴き入ったり、東京女子流の新井ひとみちゃん、玉城ティナちゃんというかわいい女の子もがっつり見れて最高でした。
あと、笛ことウィンドシンセが、今まで聴いた中で一番よかった!!(笑)
VJのスケブリさんの悪意と愛情に満ちた映像も素敵でした(笑)

藤井くんパートでは、私がいままで聴きたいと思っていた「She is my new town」と「OH MY JULIET!」が生で聴けて幸せでした。
特に「She is my new town」は、tofuさんのdj newtown名義の「high-school girl」も入れたmixで、なおかつ藤井くんの無茶振りでさらにそれが「タヒチアンバージョン」に!
これがすごくかっこよかった…。最高すぎる。

早見優さんも初めて生で観たのですが、お若く、歌もダンスもかっこよくて(藤井くんの選曲もナイス!)、古い曲を探したくなりました。すごくよかった!
DJをokadadaさん、tofuさんがやっているのも個人的によかったです(笑)

3時間のこのリリパで実感したのは、藤井くんと、tofuさんの人柄の良さ。
こうして、ステキな人柄だからこそ、これだけのゲストが集まり、アットホームでいい雰囲気でありながら、そこに流れるのは洗練された音楽、という空間ができるんだなあと思いました。
そして、サプライズでtofuさんにケーキを持ってきたり、お世話になったダンスの先生のために曲を作りなおし、先生がとても生きる演出を作ったり、早見さんパートで自らダンサーをしたり、曲のノリどころでしっかりお客さんを煽ったり、ライブ後にはサイン会開催など、藤井隆に惚れ直した夜でもありました。
(あとミッシェル・ソーリーさんも!)
やっぱり長年芸能界の一線で活躍されてる方は本当にすごい。

ライブも最高だったのですが、それと共にすごく自分にとっていろいろな刺激がたくさんあり、自分の誕生日前日に身が引き締り、とてもいい夜でした。
こんなステキなバースディ・イブを過ごせて本当に幸せです!新しい一年もがんばろう!
posted by やよい at 01:53| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

「出来ることならこの顔に生まれたかった」AKBグループ総選挙

去年の10月、ジャニオタでもあり、48Gヲタでもあるあややさんという方が書いておられたブログ。
http://moarh.hatenablog.jp/entry/2014/10/30/115107

好みもあるだろうけど、自分だったらーと考えたものを今頃書いてみます。
ちなみに現在の推しメンは
AKB48:平田梨奈、SKE48:江籠裕奈、NMB48:上枝恵美加、HKT48:チームH(選べない…)、乃木坂48:生駒里奈、伊藤万理華

1位:森保まどか(HKT48)
森保まどかファースト写真集 森のモノローグ -
森保まどかファースト写真集 森のモノローグ -
ダントツもりぽです。本当にもりぽの顔が好きすぎてヤバイです。最高すぎる。
2位の松岡菜摘ちゃんもですが、陰と陽といえば「陰」の方な感じがたまりません。
一緒に写真を撮った時の笑顔が忘れられません。あれは天使だった。
9/30発売の写真集も、ものすごく楽しみです!!!

2位:松岡菜摘(HKT48)
松岡菜摘ファースト写真集「追伸」 -
松岡菜摘ファースト写真集「追伸」 -
丸顔だけど、目がぱっちりしててまつげの長い感じが好きです。
なっちゃんの顔になったら女の子っぽい格好してみたい。
FE21あたりのアメリカファストファッションブランドのミニワンピとか着たいです。

3位:山本彩(NMB48)
山本彩 写真集 『 SY 』 (ヨシモトブックス) -
山本彩 写真集 『 SY 』 (ヨシモトブックス) -
きりっとしたつり目に憧れます。ショートの似合う顔立ち。
さや姉の顔になったら、もうちょっとハード目なロックっぽい格好をしてみたい。
ヒスとかビビアン着こなしたい!

4位:生駒里奈(乃木坂46)
FREECELL 特別号29 生駒里奈(乃木坂46)×ハナエ表紙巻頭特別対談 62485-47 (ムック) -
FREECELL 特別号29 生駒里奈(乃木坂46)×ハナエ表紙巻頭特別対談 62485-47 (ムック) -
ビジュアルメンバーが揃った乃木坂で一番好きな生駒ちゃん。
切れ長の目に、アヒル口っぽい口が好きです。
生駒ちゃんの顔になったらもっとボーイッシュな格好をしてみたい。

5位;深川舞子(HKT48)
20150420.png
生で観て本当に美人さんで、引きこまれてしまいました。
まだ14歳ですが、切れ長の目に厚い唇が素敵!
まいこむの顔になったら総柄マキシ丈ワンピースがもっと似合うようになると思う!笑

ということでAKB、SKEからは全然ないという…。
私は丸顔、クールな眼差しな方に憧れるようです。あと、今好きな洋服の系統が似合うであろう顔に憧れるんだなー。(※スカル柄のTシャツを着ても似合う顔)

このテーマでエントリを書かれている方々はものすごく迷った―的なことを言ってましたが、改めていろいろ「なりたい」という目線で見たら、AKB、SKE、NMB(さや姉以外)は全然惹かれず…。
ということは私は48Gを「憧れ」という目線で観てないんだなーと実感。
HKT48メンは迷ったけど。(次点は駒田京伽ちゃん、田中菜津美ちゃん)
さや姉に関しては趣味がいろいろ近すぎて、割りと友達とか同志よ!的な目線で見てる感じ。
生駒ちゃん、ぴーちゃんも同志の匂いがしてて惹かれるんだろうな…。

あとたぶん私は48Gを憧れ、というよりも自分が男性だったら付き合いたい、という感じか、単純にパフォーマンスや、本人のキャラが好きで見てる感じですね。
posted by やよい at 00:00| Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

tofubeatsインタビューまとめ「POSITIVE」リリース関連

個人的なメモも含めたまとめ。

UNCANNY
[Interview]tofubeats – POSITIVE ≫ UNCANNY

http://uncannyzine.com/posts/27000
*岸田さんと矢野さんとのお話が素敵

RealSound
tofubeatsが幅広い音楽ジャンルを横断する理由「自分が変化するのを見て、自分自身が楽しい」

http://realsound.jp/2015/09/post-4565.html
*この記事が本音というか制作裏話がたくさんあって読み応えがありました

HK STYLE
NEWアルバム『POSITIVE』を発売したtofubeatsに古関れん&柴田ひかりが突撃インタビュー!

http://asbs.jp/interview.php?id=754


NeoL
tofubeats『POSITIVE』ロングインタヴュー(前編)

http://www.neol.jp/culture/tofubeats『positive』ロングインタヴュー(前編)/

tofubeats『POSITIVE』ロングインタヴュー(後編)
http://www.neol.jp/culture/tofubeats『positive』ロングインタヴュー(後編)/


SALU.net
インタビュー Vol.29|tofubeats

http://sarunet.com/interview29.html

*インタビューの動画もみれます

T-SITE
tofubeatsインタビュー「僕は毎回、最後だと思ってやってる」と語る彼の最新作『POSITIVE』とは?

http://top.tsite.jp/news/j-pop/i/25375613/?sc_int=tcore_news_vingow-news


※対談
音楽ナタリー
TeddyLoid「Re:MOMOIRO CLOVER Z」発売記念特集 TeddyLoid×tofubeats対談 (1/4) - 音楽ナタリー Power Push

http://natalie.mu/music/pp/teddyloid02


NEXUS
<特別対談> tofubeats × tomad 二人が語りあうそれぞれの10年、そして音楽の未来

http://www.nexus-web.net/article/tftmd/

*エモい

tofubeats×スカイラー、お互いに訊きたいことって?
http://www.qetic.jp/interview/skylarspence-feature/162391/

*スカイラーにスポットを当てたインタビュー。
スカイラーがラ・ムーが一番インスピレーションを受けた日本の音楽と回答してて衝撃。
ラ・ムー、偉大。

番外編
ラジオ番組にゲスト出演したときの公式動画

特集「tofubeatsの作り方」



前半はtofubeatsの歴史、由来などなど。
後半は「POSITIVE」の話。
私はリアルタイムで聴いてたのですが、本当によいインタビューでした。
パーソナリティのTAROさん自身もDJやってたりするので話が早いというか、いろいろおもしろかったです!
posted by やよい at 00:20| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

ハマりもの

Twitterで騒いでいますが、ここ数ヶ月職場で流してるラジオで、すごくツボに入った曲、

Suchmosというバンドの「YMM」。
本当は「GIRL」という曲の方を先に聴いてていいなーと思ってたのですが、これが決定打でした。
音が、黒っぽくてめちゃくちゃかっこいいし、気怠い感じのボーカルの声もすごくいい!!
本当にこういういかにも「都会の夜」っぽい音楽に本当に弱い…。

調べたら、このバンドの皆さん23歳〜25歳と若い!若いけど、すごく成熟した感じ。
あとボーカルのYONCEくんがかっこいい。モデルさんなのかなーと経歴調べたらモデルはやってないらしい。
でも今後ファッション誌やアパレルが放っとかない感じのビジュアル。

そして現場主義(笑)なので、ライブをみなきゃ始まらない、ということで金曜日に渋谷のタワレコで無料ライブがあるとのことで、行ってきたら…生は、予想以上にかっこよかった!!
20時からライブ、ということだったのですが、仕事が早めに終わったのでリハとか観れたらいいなーと19:20くらいにタワレコへ行くと、予想通りリハ中!
自分たちの曲を軽くやって、マイケル・ジャクソンの「Rock with you」をやってたのですが、これもすごくかっこよかったー!たまたまタワレコに居たらしき外国人観光客たちが足を止めてノリノリで動画撮影。(そのうち何人かはライブも観ていってました)

リハではボーカルのYONCEくんはハットを被って、柄物のグレイッシュカラーのTシャツを着ていて、今時の若者と言う風貌。しかし、本番でハットを取って前髪を上げて白のシンプルな、ちょっとオーバーサイズな感じのTシャツでノームコア風になると、一気にアーティストっぽく!!リハで歌ってる時と本番が別人すぎてやばかったです…。

演奏も上手くて、特にベースのHSUくんが、5弦ベースを華麗に弾いており、グルーヴィな音を出してて、最高でした!!
新曲も1曲やったのですが、これもメロウでかっこよくて、最高でした。リリースが待ち遠しい!
あと、YONCEくんが原曲にないスキャットやラップみたいなのをマイクを通さず所々に入れてたのが最強にかっこよくてクラクラしました…。前で観たので、その音もしっかり聞こえて、本当に早めに行ってよかった!

1Fのエントランスでやってたのですが、1Fほぼ埋まって外まで人が溢れててMCで「普通に買い物に来た人たち、ごめんなさい」とYONCEくんが謝ってて好青年…!と思いました。

ライブが終わった後、サイン会があってちゃっかりもらってきました。
11370977_1622066328068907_687446373_n.jpg
サイン会でメンバーと少し話ができたのですが、目の前のYONCEくんのオーラがすごくて、しゃべろうと思ってたことが全部飛び、なんだかわけのわからない話をするという失態…。本当にすいません…。あとベースのHSUくんが気さくな感じで対応していただきうれしかったです(笑)

今、サインが貰えたり、至近距離で話が出来たり、ライブが観れたりしてますが、リリースパーティーがSold outしたり、無料のライブにこんなに人が来たりするので、たぶん来年はこういうのは無理だろうな…と思いました。絶対今後キます!

あと本人たち…というかYONCEくんのインタビューですごく好きなインタビューがこちら。
またもや、私と行くライブがかぶるライターさん、金子さんのインタビュー。

Suchmos、男としての生き様をブラックミュージックに込める
http://www.cinra.net/interview/201507-suchmos


「ボーカルって、歌ってないときもかっこよくないとダメなんですよ。BGMが流れて、ステージに出てきて、マイクスタンドの前に立ちました、「はい、もうかっこいい!」みたいな(笑)。でも、今って普段着な感じで出てくる方が多いじゃないですか? 別にそれはそれでいいけど、普段着でもかっこよくないとダメですよ。」

「―YONCEくんは身長も高いし、フロントマンとしての華はありますよね。
YONCE:これはもう授かりものだから、「使うっしょ」みたいな(笑)。」


と、こんな感じで強気発言多くて心強いです!(笑)
だって実際そうじゃん!みたいな。
tofuさんも売れたい、とか結構強気発言多いのですが、YONCEくんはもっと上を行く感じで最高です!(笑)
昨日のラジオでは「スタジアムでライブやりたい」とも言ってました。ぜひやってほしい!

B'zの松本さんも「売れないと作りたい音楽を作れない」「お金があるっていいことだよ」と言っているところが最高に大好きなので、私はこういう人が本当に好きなんだと実感しました。

ベースのHSUくんが別バンドもやっている関係でSuchmosのライブがあまり出来てないっぽいのですが、今後どんどんライブやってほしいです!!
posted by やよい at 21:23| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

アメリカン ダンスアイドル S4メンバーの現在【2015.05.22現在】

自分用のメモもかねて、現時点でわかってるシーズン4のメンバーの現在を。
(ソースはwiki、メンバーのtwitterなどなど)
追加した文章にはこの色がついてます。
・2015/5/22にGev-ゲヴの現在を追加

※もも太様 情報ありがとうございました。
続きを読む
posted by やよい at 11:04| Comment(2) | DANCE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

Koshi Inaba LIVE 2010 en2 2010/9/18-朱鷺メッセ

trac.jpg
超絶今更なのですが、自分的にWeb-logとして残しときたいなと思い、en2の新潟公演のレポ。
もし最新ツアーの新潟公演のレポを探してた方でたどり着いた方がいたら、すいません汗
とある用途(って某所であれでアレしたんですがw)で書いたものです。
自分でも良く覚えてるなーと感心しつつ(笑)。
超長いですがよろしければどうぞー!
----------------------------------------------------続きを読む
posted by やよい at 23:45| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

アメリカン ダンスアイドル S8メンバーの現在【2015/4現在】

自分用のメモもかねて、現時点でわかってるシーズン8のメンバーのその後と現在を。
(ソースはwiki、メンバーのtwitterなどなど)
Melanie(メラニー)、Sasha(サーシャ)の現在を追加しました!(2015/4/17追加)
追加したものには、この色の文字色になっています


続きを読む
posted by やよい at 00:00| Comment(0) | DANCE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

B'z「EPIC DAY」

epicday.jpg
ついつい「EPIC NIGHT」※ツアータイトル とタイトルを書きたくなってしまう(笑)、B'zの最新アルバム「EPIC DAY」。
実際に稲葉さんもアルバムを「EPIC NIGHT」と言ってたらしいくらい(笑)、紛らわしい感じです。

今回4年振りのアルバム。ソロを挟んでたので久しぶりです。
久々に素直に好きと言えるシングル曲「有頂天」を経てのアルバムでしたが、正直そこまで期待をしておらず(苦笑)、そしていつものように初見はピンとこずな感じでしたが、やはりライブで聴いたり、繰り返し聴くと良くなるんですよね…。
やはり自分の音楽DNAはB'zの音楽で出来てるんだなと実感することばかり(笑)。

初見でピンとこなかった、と書きましたが、唯一ピンときた、ものすごく大好き、と胸を張って言える曲が8曲目の「Black Coffee」。
イントロから大好き…というか、正直に言うと去年からすごく好きなあの曲っぽい!
あの曲とは、アメリカのバンドParamoreの「Ain't It Fun」

いや、パクリとかではなく、これを聴いて「こういう感じ、B'zでやってくれないかなー」と思ってたら「Black Coffee」がまさにそんな感じでものすごく嬉しかったのです!!
いやー並べて聴くと本当に似てる(笑)。どちらもすごく良い曲です。
(ちなみにこの曲が入ってるアルバム「Paramore」、すごく良いアルバムです!)

曲の話に戻ります。
この「Black Coffee」アウトロがすごくすごく好きです!!これを生で聴くためにライブに行きたい!!!と強く思いました。本当にかっこいい。
そして、歌詞もすごく好き。自分に思う節があったこともあってすごく刺った歌詞でした。
あーわかる。私もそうしなきゃな、っていう感じ。久々にB'zの歌詞で自分の事を歌ってるって思った曲です。

そしてライブに行くまで他の曲にあまりピンと来てなかったのですが、ライブに行って印象がガラリと変わってしまいました(単純)。
やっぱり生でダイレクトに体験すると、曲が身体に入っていく感じ。
特にタイトル曲「EPIC DAY」と「アマリニモ」が印象が変わった曲でした。

「EPIC DAY」は、某深い紫とかに似てるところがあって、そっちが優先というか、印象に残る曲だったのですが、生で体験して、それがいいエッセンスというか、興奮するポイントになってる、というのを理解して、すごく好きな曲へ変貌!(Black〜も、それで好き、というかになったのでアレですが)
ギターソロ前の転調する、というアレンジが本当に素晴らしい!!かっこいい!そしてギターソロ、ハモンドオルガンソロが、ものすごくたまらない…。歌に入る直前とアウトロのツインペダルがんがんのドラムも素晴らしい!メタル万歳!!

「アマリニモ」は、好きな感じではあったのに、ピンとこなかったのに、ライブで生で聴いてやっぱり好きな曲調とアレンジだな、というのを実感。
サビの「I gotta go〜」の所の明るくも切ない感じが猛烈に好きです!やっぱり切ない系に本当に弱いです。


10曲しか入っていない、アナログを意識してSide A、Side Bという風に曲順を選んでいる、というのもあって、コンパクトにしっかり流れにのってするする聴けるし、全く飽きない!
松本さんの狙い通りです。さすが…。

そんなこんなで、ライブ後すごく聴いています。
なんとなく会社に行く時はtofubeatsさんの「STAKEHOLDER」、帰りは「EPIC DAY」を聴いてる感じです。
ちなみにこの二つ、収録時間がほぼ一緒。なおかつ私の通勤時間door to doorの時間ほぼぴったり、というのもあるのですが、それもあってすごく聴きやすいです。

アルバムの感じからいくと、朝「Las Vegas」や「EPIC DAY」を聴いてテンション上げるべきなのかもですが、なんとなく帰りの方がしっくり来るのが不思議です。
と、言うか、この方のおっしゃるとおり、これが宗教なんですねw
もう宗教だから、としか言いようがないですw

posted by やよい at 00:12| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

tofubeatsインタビュー記事まとめ

個人的なメモも含めたまとめ。

STAKEHOLDER関連

tofubeatsと距離の方程式 [ CARELESS CRITIC ]
http://carelesscritic.com/sp/tofubeats/
*レイアウトもインタビューもすごく素敵。
特に最初のムービーがインタビューへの期待感が高まる!!

NeOL tofubeats『STAKEHOLDER』インタビュー
http://www.neol.jp/culture/tofubeats『stakeholder』インタビュー

【インタビュー】tofubeats 「あの曲の、“あの”って部分をがんばって作ってます」新作「STAKEHOLDER」を大いに語る! [T-SITE]
http://top.tsite.jp/news/i/22880979/?sc_cid=tcore_a99_n_adot_sm_tw_22880979
*たぶんこれ、ワーナー本社でのインタビュー?
背景の写真がサウンド・デザイナー11月号と同じ。

[Interview]tofubeats – “STAKEHOLDER” ≫ UNCANNY
http://uncannyzine.com/posts/21596
※厳密にはSTAKEHOLDERのではないけどこれも。
[Interview]LIZ × tofubeats × Pa’s Lam System – “CAND\\\LAND” ≫ UNCANNY
http://uncannyzine.com/posts/21734
*クラブ寄りなメディアのインタビュー。毎回深い。

tofubeatsが考えるアウトプットのバランス感覚 「常に『この人は変化したいんだ』って思われたいhttp://realsound.jp/2015/03/post-2849.html
*撮りおろしの写真が素敵。ここまで笑顔の写真を出してるのはめずらしいような?


あと個人的にものすごく好きなtofuさんのインタビューはこれ。

メジャーでやる意味って何だ? Sugar's Campaign×tofubeats
http://www.cinra.net/interview/201501-sugarstofu

盟友でもあるSuggar's Campaignとのインタビュー。
ライターさんは、一方的に観たことある&なぜか(笑)私と行くライブがよくかぶる金子さん。

このインタビューの直後、tofuさんが

と、言ってましたが、tofuさんは経済を大学で勉強していたということもあってその視点があるかないかの違いじゃないかなと思ったり。
私は完全tofuさん側というか、これを読んでシュガーズの2人は純粋だなと思いました。
それがあの音楽なんだなーと。

同じく金子さんのtofuさんインタビューはこちらも好き。
tofubeats × error403 対談 ネット世代のクリエイターが向かう先 - CINRA.STORE -
http://bit.ly/11LC9TW
error403さんとのインタビュー。error403さんとtofuさんの家族エピソードが好きです。
posted by やよい at 20:00| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

tofubeats「STAKEHOLDER」

最近、このブログのアクセス解析を久々にみたら「tofubeats 滑舌悪い」というキーワードでたどり着いた方がいらっしゃるようです(苦笑)。
すごい、キテますね。tofubeats!

4/1に、tofubeatsさんの新しいEP、STAKEHOLDEREがリリースされました。
このエントリに書いたとおり、事前にこの「衛星都市」など、数曲公開されていましたが、さらにパワーアップした状態で収録されており、毎日聴いても飽きません!
そして、9曲入って1,620円!安い!
また発売日に、またもやsoundcroudでフル試聴がスタート。

本当に太っ腹すぎる。

私のお気に入りはやはり「衛星都市」。あと1月にtofuさんのustreamでうすーく流していた「She Talks At Night」。
こういうちょっと切ない系メロディに本当に弱いです…。
「衛星都市」は、コーラスのボリュームが大きくなって、より儚さというかが強調された感じにミックスされてて、すごく良い!アウトロもデモ時と変わっていましたね。
「She Talks〜」は、曲とテンポと音色というか、作ってる音がひとつひとつ好み、というか全部気持ちの良いところにハマってるのが、好きなポイント。
「何かあったことにしとかない」の部分のユニゾン?で入る低音が特に好きです!ほんとにここは気持ちいい!ぜひイヤホンで聴いて欲しいです!

そして、ジャケ写がアメリカのドラマオマージュ。(『愉快なシーバー家』と『フルハウス』オマージュ)
tofuさんのお友達たちに初回限定盤の裏ジャケが「猟奇殺人的な危険な香りがする…」と言われていますが、本当にそんな感じなので(苦笑)、ぜひ実物を見てほしいです。本当にクリミナル・マインドとかに出てきそうな感じがします…。
そして今回ゲストでお友達のDJ okadadaさんが参加されているのですが、okadadaさんの写真が外のシュリンクに貼られるステッカーに小さくあるのみ。しかもその写真がinstagramにokadadaさんが投稿した自撮り写真(苦笑)。ポスターにもその自撮り写真が小さく使われているという…。
このジャケを作った方が、tofuさんのお友達だからこそできる、無意識であろうちょっとした悪意とたくさんの愛情に溢れたアートワークです(笑)。これは普通の制作会社ではできない(笑)。
(これを許すワーナーさんの懐も深いというか…)

そういえば、Twitterでもちょいちょい書いてますが、tofuさんの曲と90年代B'z曲の相性がものすごくいい!
STAKEHOLDERも、BREAK THOUGHやRISKYの曲と混ぜたプレイリストで再生してるのですが違和感が不思議とあまりないのです。
90年代にお金をかけて作った音楽と、2010年代ベットルーム音楽が遜色ないのがすごいなーと。
でも目指してる方向的に88年から90年代はじめにB'z…というか松本さんがあえてやってた方向が、いまのtofuさんの音楽と考え方に通じる部分もあるのかなと思ったり。
実際tofuさんと小室哲哉さんの対談が企画されている時点で通じる何かがあるのかもです。

邦楽 小室哲哉×tofubeats 対談実現! J-POPとダンス・ミュージックの幸福な関係 | 特集 | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト
http://ro69.jp/feat/komurotetsuya_tofubeats_201502/page:1


しかしこの記事の写真を見ると、てっちゃんと、tofuさんが30歳位年齢が違うのに、そう見えない2人がすごい。
posted by やよい at 01:00| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする